お父さんのこと


ここ数日間、オーダー分の制作に追われておりますf^_^;



現在オーダーいただいている猫ちゃんポーチ4つ、火曜日までには納品出来ますので、お待ちいただきたく思います(*^ω^*)



.。+:゚☆゚:+。.☆.。+:゚☆゚:+。.☆.。+:゚☆゚:+。..



今日は、実家の父が東京から帰宅していたので、渡しそびれたバレンタインのガトーショコラを焼いて、会いに行きました。



先日の記事で、とても厳しかったことに触れましたが…



高校生の頃は、門限8時(部活動していたのに、です)



大学生の頃は9時(やっぱりサークル活動していたのに、です)



大学に入って初めて、サークルのみんなで開成山花火大会を見に行った帰り、デニーズで食事しようと誘われて、その旨を電話したら、



門限はとっくに過ぎているからすぐに帰るように!という内容のことをすごい剣幕でまくし立てられ…



青くなった先輩方が自宅まで送ってくれて、丁寧に謝ってくれて…



大変申し訳ないことをしたなぁ(もちろん先輩方に)と思ったこと、今だに忘れません(┬┬_┬┬)



社会人になっても、夕食に誘われて(相手は女の子でした)やっぱり電話で連絡を入れたら、



「こっちは夕飯用意して待ってるんだから、勝手に外食なんてするな」と言われ…



もうすでに料理の注文をしたのにキャンセルして帰った事もあります…



理不尽だなぁと思ったこともあるし、信用されてないなぁと悲しくなったりもしたけど、



嫌いだったわけではなく、一緒に買い物したり、二人で食事をしたり、仲はよかったほうだと思うんです。



父にしてみれば、いくつになっても私は子供のまま、だったのかなぁ…



子供を心配する気持ちを、常にダイレクトに表現していた父…



もしかしたら、黙って見守る自信がなかったから、厳しく束縛していたのかもしれません。



東京で働く父から来るメールはいつも必ず、



「旦那さんと子供たちと仲良く幸せに」



というフレーズで締めくくられています。



窮屈な思いもいっぱいしたけど、



あの厳しさも子供の幸せを願う親心の現れだったのかなぁと、自分が親になってみて気づきました。





タグ :父と娘








2010年02月20日 Posted byK*th2 at 22:34 │Comments(8)

この記事へのコメント
泣けます…。

先日、出産後退院し、自宅に帰った後、夜、父からメールがありまして。
「○○がしあわせにくらせるなら、おとうさんとおかあさんはがんばるから」と。
全部平仮名なとこを見ると、子守りから解放され、お酒を解禁したのかなぁと思ったり。f^_^;
私や孫たちの為なら、金銭面でも支援するぞって話で(実家を出る時、私がそっと“灯油代”としてお金を置いてきた事をうけ、掛かったお金は気にするなって)。
普段は思いをストレートに言わない父。
本音を語るのは酔った時で、酔っ払いは嫌いでしたが、本心を知って、グッと来た事はしばしばありました。
親になってみて…、って、本当によくありますね。。
それにしても、門限、厳しいー(>_<)
Posted by takenoko at 2010年02月21日 06:51
親になってみると、子育ては初心者と同じでですから、子供に(多分父娘の場合は特に)愛情があればある程、そのような形でしか表現出来なかったのかも?

すべては、Kth2 さんが幸せになる様にとの気持ちから始まった事は、自分が一番、承知してるんでしょうから、

娘の幸せな顔を見せ続けられる様にして下さい。(^^)なんて(^^;)
Posted by 猫シッポ at 2010年02月21日 11:29
懐かしい話だね。
本気で心配してくれてたんだなぁ〜、って思うよね。
娘的には、ウザっ、て感じるけどさ(笑)
私は、父、好きだぞ(^-^)
Posted by さっしー at 2010年02月21日 13:33
娘さんからのガトーショコラ お父さんうれしかったでしょうね!

厳しくしても こんなに優しい娘さんが今存在するわけで
K*th2 さん自身がお父さんを尊敬していたからこそ
そしてお父さんにも愛情があったからこそ
逆らわないできたんでしょうね!きっと(^_-)-☆
素敵な父娘の関係です(*^_^*)

*猫ちゃんポーチワクワクです!!
Posted by olive at 2010年02月21日 21:04
takenokoさんへ
ステキなお父さまですね。
父親が娘を思うのは、母親の思いとはまた違うものなんでしょうねぇ…
母親と子供は、独特の連帯感というか、なにかどっしりとした安定感みたいなものを感じるけど、父親はどこかひたむきな思いというか…
実際に産んでいないぶんの距離感を埋めていかなければならないから、父親の思いはまた深いのかなぁ…なんて、真意はわからないけど…
だけど心から子供の幸せを願うことに、父と母の差はないですよね(^^)

そう、門限厳しいでしょ〜反発して道を外さなかったのが不思議です(笑)
Posted by K*th2 at 2010年02月22日 16:17
猫シッポさんへ
そうですね。
子供を思ってすることには、ルールも決まりもないのかもしれません。
父は父なりに、その時必要と思ったことをしていたのだと思っています。
子供の個性を尊重しながら育てるって難しいですね…育児書通りに行かないのは当たり前ですよね。みんなに同じ法則が当て嵌まるわけがないですから。
こうして日々悩みながら育てていると、改めて親の苦労が思われます(>_<)

幸せな顔、ずっと見せていけるように頑張ってますp(^^)q
Posted by K*th2 at 2010年02月22日 16:33
さっしーへ
あなたはその場にいた目撃者だからね(笑)
あの時は本当に、恥ずかしかったよ〜あまりの過保護ぶりに、みんな唖然としてたんだろうなぁ…過ぎた事だけどf^_^;

うちの父もきっと、さっしー大好きだよ。
Posted by K*th2 at 2010年02月22日 16:43
oliveさんへ
ガトーショコラ、喜んでもらえました(^^)甘いものが大好きで、独身のころもいろいろ作って食べてもらって、誉め言葉を要求する困った娘でした(笑)



私がおとなしくしていたのは、父に逆らうのがある意味面倒だったというのもあります…弁の立つ人なので、理詰めでは敵いませんから(笑)母が責められるのもかわいそうだったし(>_<)
反発していれば、もっと楽しい世界も覗くことが出来たんだろうけど、当時は心配かけたくないという気持ちも強かったんです。


猫ちゃん、楽しみにしていて下さいね(^^)
Posted by K*th2 at 2010年02月22日 16:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。